実際に住宅ローンを滞納してしまった、どうしよう…と明日に恐怖するひとは少ないと思われます。あらゆる手段を講じても資金が作れず、銀行口座の通帳をみて「大変なことになってしまった…」と途方に暮れる気持ちはよくわかります。そして差し押さえや強制立ち退きの恐怖に怯えるひとも多いことでしょう。

実際に住宅ローンを滞納すると引き落とし日の数日後に、銀行から「引き落としが出来ませんでしたので次回は2回分を引き落とさせていただきます」という「お知らせ」が届きます。そしてさらに滞納が続くと銀行のお知らせは督促状や催促状となり、文面も厳しいものへとかわっていきます。

この段階で「返せない、もう無理だ…」と途方に暮れるのは早計です。滞納状態でも3~6ヶ月の状態なら金融機関と連絡をして「いくらまでなら返済できます」と交渉すれば待ってくれる可能性があります。この時点で交渉をすれば、多くは住宅ローンを破綻せずに維持することが出来ます。逆にいえばこの時期までが住宅ローンを破綻しない最後のチャンスだと言えるのです。逆にこれ以降ですが元の返済はできなくなり一括返済か競売を視野に入れた物件の売却を迫られることになります。概して、移行した後の保証会社よりも銀行の方が融通が利くといわれています。

もし、交渉が苦手だと思うなら専門のコンサルタントに相談して下さい。あなたの経済状況に応じて無理のない返済計画を立てて交渉を代行してくれます。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 競売
  2. 住宅ローン滞納 任意売却
  3. 住宅ローン滞納 立ち退き