もし住宅ローンを滞納したままでいると、1年から2年以内には物件を差し押さえられて、ついには強制退去を発効し、立ち退きを迫られるという最悪の事態を生み出す可能性があります。
住宅ローン延滞が6ヶ月以上続くと債権者である金融機関が保証会社に代位弁済を要求してきます。

これにより債権・担保物権などが求償権の範囲で保証会社に移転して、完全なる不良債権として扱われます。この時個人信用情報に事故(ブラック)としての記録が残され、以後金融機関等からの借入が困難になります。

さらにその後、債権者のほうで競売開始を申し立て、不動産の差し押さえをすることが出来ます。差し押さえとは担保権実行の為の手段であり、金融機関など(債権者)が競売開始を申し立てた時点で不動産に設定される登記のことをさします。その後、不動産の所有者は不動産を自由に処分することができません。

もし競売に掛けられて落札されてしまった場合、競売で落札された決定に異議を唱えることは不可能です。強制退去を求められることもあり、状況によっては不法侵入と言われて訴えられることもあります。立ち退きの命令は絶対に止めることは出来ず、裁判所の執行官が立会いの下、この手の処理を専門にやってる裁判所の下請けの業者が来て、本当に「手際よく」あなたの家財道具一式はトラックの中に消えていきます。無一文ですべてお金を取られ居場所も完全に取られ、残るは借金だけ…という、最悪の事態になる事もありえます。

対して任意売却の場合は、専門の任意売却にたけた業者と不動産売買の仲介契約をを結んだ後、任意売却業者の方で買い主を探しそれが見つかり次第債務者との間で売買契約を締結します。
そのあとで決済日や抵当権の抹消手続きが終わるまでの間に、新しい住まいを見つけて任意のタイミングで引っ越しをすることができます。この引っ越しも相談コンサルの方で面倒を見て、新しい賃貸物件の紹介のお手伝いをすることもあります。

実際に任意売却が出来るのは、債権者である金融機関が保証会社に代位弁済を要求して債権回収会社が交渉窓口になってから、競売に掛けられて開札される直前までとなります。しかし、実際には期間入札が間近に迫ると任意売却に応じてもらえない事が多くなりますので、早めの対応が要求されます。

もし、現在住宅ローンを滞納しているのなら今すぐにも専門の相談コンサルタントに相談して下さい。
任意売却の実績に長けたエキスパートが立ち退きの地獄から救ってくれることでしょう。

任意売却コンサルタントは信頼と実績のある全国対応の全国個人再生支援機構が貴方に変わって一括して窓口になり生活再建へ導いてくれます。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 競売
  2. 住宅ローン滞納 任意売却