一般の債務は、裁判所で手続きをしない限り、勝手に所有財産を差し押さえることができません。
ところが、税金の納付先が国や自治会の場合、自由に差し押さえすることができます。つまり国や自治体に対し税金の滞納がある場合だと、知らない間に財産を差し押さえられることがありうるわけなのです。

税金を滞納しても、督促が厳しくないため、何の前触れも泣く、自宅に差し押さえが入るということも珍しくありません。
不動産を持っている人に対し国や自治体は簡単に差し押さえをすることができます。これは任意売却をする際に大きな障害となり得てしまいます。

しかし、差し押さえていても、任意売却ができないわけではありません。税金関連を管理している税務署とも交渉することが出来ます。管轄する自治体によって、対応は大きく変わってきますがエキスパートである専門コンサルなら、今までの実績のデータを元に、より債務者であるあなたに良い条件になるよう一緒に模索することが出来ます。

もうだめだ…と思う前に相談をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 任意売却
  2. 競売物件 税金 滞納 交渉
  3. 住宅ローン滞納 競売
  4. 住宅ローン滞納 立ち退き
  5. 住宅ローン滞納 2ヶ月