岐阜県の地価事情は2009年のリーマンショックの傷がまだ残っていて、いまだマイナス傾向が続いていますが、今年に入って回復に転じた感があります。
しかし、岐阜県の10年間の推移を見ると、上がり方も下がり方も角度がゆるやかです。このことから、景気変動の影響を受けにくく安定的に推移する傾向にあることがうかがええることができます。特に岐阜県でも岐阜市や大垣市、中津川市などの美農地方は流通、産業などで隣の愛知県と繋がりが深いことから、名古屋圏の経済の活性の影響を受け、地価は徐々に上がる傾向があります。

もし住宅ローンの返済がこの先厳しくなるようならば、滞納期間が長引かないうちに金融機関と交渉してローン返済の立て直しするか、長く続いていたり交渉が苦手な方ならば、無料相談の全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構などの専門機関に相談して、はやめに住宅ローンの滞納を解消する必要があります。

今なら岐阜県の地価の価格も比較的高いので、任意売却を行使することで一気に住宅ローン返済する可能性もあるのです。ローン滞納に悩む前にぜひ、専門である全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構へ相談を。無料でローン返済の計画を提供することができます。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 立ち退き
  2. 住宅ローン滞納 無料相談 名古屋市
  3. 住宅ローン滞納 競売
  4. 住宅ローン滞納 任意売却
  5. 住宅ローン滞納 2ヶ月