名古屋圏の地価事情も2006~2007年のミニバブルによる上昇と2009年のリーマンショックによる下落の影響を受けましたが、2011年から2012年にかけてはわずかですが上昇していることが分かります。

名古屋市に限って見ると、今までは注目されていなかった名東区や中村区などに開発の手が入っています。このエリアの住みやすさや利便性の向上によって街の価値が上がれば、地価も上昇していくと期待されています。
一方、名古屋圏のその他のエリアは、今後も安定推移していく見通しです。そして、名古屋市が地価をけん引している愛知県は、他の都府県と比べても早いペースで地価調整が進んでいます。そんなわけで全国でも不動産の価値は、割と安定した価格で推移していくと思われます。

よって住宅ローンの返済が厳しくなるようならば、滞納期間が長引かないうちに金融機関と交渉してローンを維持するか、長く続いていたり交渉が苦手な方ならば、無料相談の全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構などの専門機関に相談して、はやめに住宅ローンの滞納を解消する必要があります。

今なら名古屋市の地価の価格も比較的高いので、任意売却を行使することで一気に住宅ローン返済する可能性もあるのです。
ローン滞納に悩む前にぜひ、専門である全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構へ相談を。

無料でローン返済の計画を提供することができます。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 立ち退き
  2. 住宅ローン滞納 競売
  3. 住宅ローン滞納 任意売却
  4. 住宅ローン滞納 2ヶ月
  5. 住宅ローン滞納 3ヶ月