住宅ローンの滞納はいまや全国的な問題になっており、千葉でもその余波が来ています。特に市川市を中心にリーマンショックによるミニバブル崩壊の直撃を受け地価の下落が大幅に起きています。
また、長い間続く景気の低迷や、昔の経済状況に合わせた、今では支払いが不可能な住宅ローンのありかた、予期せぬ退職金カットによる老後ライフの狂いなど、いまやこの問題は全国的にも深刻な問題になっています。

もし住宅ローンが長い間払えない状態を放置すると、金融機関から債権の権限が保証会社へと移行し、委託された債権回収会社によって裁判所にあなたの不動産物件に対し競売の申し立てをされています。

もし競売にかかると、市場価格の70%~55%と安い価格で売りたたかれる上、競売に関する手数料をこちらで負担しなければならなくなり雪だるま式に借金が増え、強制退去によってほぼ無一文で家を追い出されるという悲劇を生み出します。

その前に債権者や不動産の買い主、ときには国や自治体と交渉して、できるだけ市場価格に近い金額で家や不動産を売却していこうというのが任意売却なのです。
任意売却に関することなら経験と知識が豊富な任意売却コンサルタントなら、家や不動産の売却だけでなく、その他の借金やその後の生活資金まで加味した交渉をしてくれるので、競売に怯えることなく借金を整理し新しい生活を迎えることが出来ます。基本的に任意売却ができるのは滞納3~6ヶ月経ってからですが、それ以前でも住宅ローンに関して相談が出来るので困ったと思ったら是非相談してみてください。

相談のおすすめの任意売却業者は右上の全国個人再生支援機構がその分野のエキスパートがそろっています。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 立ち退き
  2. 住宅ローン滞納 無料相談 名古屋市
  3. 住宅ローン延滞 相談 岐阜
  4. 住宅ローン滞納 競売
  5. 競売物件 税金 滞納 交渉