あなたは住宅ローンを貯めすぎていませんか?

住宅ローン滞納も3ヶ月となると自体は深刻になってきます。

3ヶ月ほど月日が経ってしまうと、債権者である金融機関の方から催告書という書類が郵送で届きます。
この催告書はようするに、銀行などの金融機関は住宅ローンの滞納が3ヶ月続いたので、ローンの一括返済を求めてきますよ、という意味です。それも事務的にすることができます。もしここで一括返済ができなければ、あなたの家は不良債権となり、いずれ競売に掛けられることになります。

早いところですとこの催告後の後、いわゆる「期限の喪失」を執行し、保証会社へ代位弁済の請求手続きに入ることになり、債権者が金融機関から保証会社へと移ることになります。こうなるといままでの形態での住宅ローンの返済は不可能となり、競売にかけられるか、任意売却で物件を売却するかの選択に迫られることになります。

正直な話、この段階での銀行との交渉は難しいといえますので、むしろ競売を回避しより多額の返済資金を捻出できる任意売却の準備を始めて、家や不動産の売却を進めていくしか方法がなくなっていきます。
住宅ローンを滞納していると現実の重さから、このような書類に目を通すことさえ放棄する人が多くいますしそうしたい気持ちはわかりますが、自分が現在どのような状況なのかを把握するためにも必ず目を通すようにしていきましょう。

競売よりも任意売却の方が生活再建への近道であることはいうまでの事ではありません。
そして、この住宅ローン滞納が3ヶ月の頃が任意売却コンサルタントへの相談ではベストなタイミングでもあります。
これを過ぎると任意売却したくても買い手が現れないなどあります、買い手を探す期間は長ければ長いほと見つかるものですから、まずは無料相談をしてみてください。
任意売却コンサルタントでは信頼と実績のある全国対応の「全国個人再生支援機構」をおすすめします。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 競売
  2. 住宅ローン滞納 任意売却
  3. 住宅ローン滞納 2ヶ月
  4. 住宅ローン滞納 立ち退き