近年では競売ではなく、任意売却を行って物件を売却した資金を返済に当てるケースが増加しています。

任意売却を行うことで、開札日の前日までに、物件を売却し債権者の応じる金額を返済し、競売を取り下げをしてもらうことができます。任意売却の場合は、価格設定は本人の希望ではなく、債権者が納得して抵当権を外してくれる値段で売却しないと行けないのですが、大体にして競売の開札日を待たずに、半年で物件を売りに出すことができます。

債権者や買い取りする人とたびたび交渉しなければ行けないという面倒さはあるのですが、市場価格と同じ価格で売れるため多額の資金が手に入って返済が楽になったり、生活再スタートのための資金を捻出できることや新しく返済計画を組み替えてもらい無理のない残債整理をすることができるなどのメリット任意売却にはあります。また、競売と違い引っ越し時期を自由に決められたり、物件を売却する情報を第三者に知られることもないので、無用のストレスにさらされることもありません。

最近では債権者も確実に返済をしてもらえる任意売却のメリットを知っていて「競売にかかる前に任意売却をするという手段もありますよ」と任意売却を紹介するケースもあります。しかし実際に任意売却を決めるのは債務者しかできません。

正しい知識をもって任意売却をすすめて無理なく住宅ローン破綻から再出発していきましょう。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 競売