任意売却したら、借金はどうなるの?と疑問に思っている方は少なくないと思われます。
実際、住宅ローンを支払うために、他の金融機関や時にはカードキャッシングや消費者金融にも手を出してしまい、借金が雪だるまに増えてしまって路頭に迷っている人は結構いるようです。

任意売却は、競売に掛けられる前に債権者や不動産を購入したい買い手と交渉し、市場価格に近い価格で家や不動産を売却してそのお金を債権者に支払う代わりに抵当権をはずしてもらうようにしてもらいます。
借金が住宅ローンだけならこれで借金問題は解決するのですが、住宅ローン以外にも借金がある場合は、任意売却で回収したお金を他の借金にも回します。もともと住宅ローンは長期返済で、支払いの始めは返済のほとんどが金利部分で占めています。金利を支払うために新たに高い金利の借金をしてしまうことは、絶対避けたいことです。

ならどうすればいいのか、となると、ここは専門の任意売却のコンサルタントに相談して、売却後の残債計画を建ててもらい、債権者と交渉の代行をお願いするとよいでしょう。
無理のない返済計画を立ててもらうことで債権者の理解を得ることができ、その後の生活に関しても融通がきくようになります。

一人で抱えずに、困ったら、数多くの事例を経験した任意売却コンサルタントに相談してください。
任意売却コンサルタントへの相談は無料ですから。

それが地獄の様な現状から抜け出す第一歩です。

でも、その地獄と思っているのは今だけであとで振り返って見ると、それも人生経験だったと思えますよ!

とにかく、早めの相談をしてください!

それが、最悪を回避する人生再建への道です。

関連記事:

  1. 住宅ローン滞納 任意売却
  2. 税金 滞納 差押え 任意売却
  3. 住宅ローン滞納 競売
  4. 住宅ローン滞納 立ち退き
  5. 競売物件 税金 滞納 交渉