税金滞納差押えまでの流れ

もし税金が払えなくなるとどうなるのでしょうか?
税金を滞納すると最初は「附帯税」「加算税」が課せられますが、さらに悪質な場合、財産を差押えられることがあります。

もし法定期限までに申告や納付をしなかった場合、本来納めるべき税金とは別に、「附帯税」や「加算税」が課せられされます。
「延滞税」は税金の一部、あるいは全部を滞納しなかった場合に課せられるもので、原則的に、納付期限の翌日から完納された日までの日数に応じて、納期限の翌日から~2ヵ月後までで4.4%、納期限から2ヶ月超えると「14.6%」の年率が適用されます。

「附帯税(利子税)」は法人税で申告書の提出期限の延長が認められた場合や届出により所得税や相続税等の延納が認められた場合、災害等によって申告書の提出期限を延長する場合に課せられます。
「加算税」は納期限内に税金を納めたが、税務調査などによって税務署から過少申告(納めた税額が少なかったこと)を指摘されて修正申告、または更正処分を受けたときに課されます。さらにコレに応じられないと隠蔽したり偽装した場合にはさらに「重加算税」が課されます。

さらに悪質な場合、財産を差押えられることもあります。病気療養中・災害にあった場合など、正当な理由なく法定納期限から50日以内(地方税は20日以内)に税金を納付しない場合、税務署(都道府県・市区町村)から督促状が送付されてきますが、この督促状が発送された日から10日以内に納税者が自主的に完納しない場合、税務署(都道府県・市区町村)は滞納者の財産を差し押さえることができます。
しかし実際は税務署に連絡すれば納付方法を相談できますので、税金の滞納が気になるようなら早めに税務署と交渉できるようにするとイイでしょう。

タグ

2013年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

任意売却ベストなタイミング

任意売却をするにあたり、一体どのタイミングで任意売却をすればいいのだろうと思っていませんか?

基本的に任意売却が出来るのは、住宅ローンを組んだ旧住宅金融公庫や金融機関から保証会社へ移行してからだといわれています。法律的には、この時点から競売に掛けられて開札される日の前日までの間が任意売却可能期間だと言われています。どれくらいの期間があるかは住宅ローン会社の事情やタイミングによって変わってきますが、一般的に滞納してから6ヶ月目から?1年から2年くらいの間と考えると良いかと思われます。すなわち催促状や督促状が来たあと、「競売開始決定の通知」がきた時点で任意売却が出来るようになります。

しかし、実際のところ、任意売却は「ローンの返済が無理」と感じた時点から動いたほうが有利だといわれています。なぜなら実際には債権者やその物件を購入したいという買い手、場合によっては税金を滞納している国や地方自治体とも交渉して、すべての間で納得して抵当権を手放さない限り売却することが出来ないからです。明日から売りに出します、といっても、買い手が居なければ売却することはできないのです。また、期間が短ければ、買い手を見つけるのも困難だという事情もあります。いうなれば「交渉時間」の時間が長い方が、任意売却の成功率があがるというわけなのです。

また、ローンが滞納しても時期が早ければ、任意売却を行使せずに金融機関や旧住宅金融公庫と交渉して、ローン返済の返済方法を変更して貰ったり、借り換えを行うことで住むケースもあります。でも、他の借金との兼ね合いでそれが可能のか、任意売却の必要があるのかどうかを自分で計るのは結構困難だと思われます。よって正直なところ、住宅ローンの返済不安が出た段階で、相談という形で任意売却専門コンサルタントに依頼していただければよいかと思われます。任意売却専門コンサルタントに相談していただければ、原状調査を聞いたり不動産の査定をすぐに計算し、あなたの意思を具体的に聞いて契約をした上で、金融機関などの交渉や任意売却の準備に取りかかります。

もっとも良くないのはずるずると滞納を続けることです。借金がきついのなら、民事再生や自己破産に長けた弁護士への紹介もしていますので、金融機関の催促状や督促状を待たずしても、早め早めの対応で、相談するといいでしょう。任意売却専門のコンサルタントが貴方にベストな方法で住宅ローンの返済問題を解決してくれることでしょう。

タグ

任意売却後の残債

任意売却したら、借金はどうなるの?と疑問に思っている方は少なくないと思われます。
実際、住宅ローンを支払うために、他の金融機関や時にはカードキャッシングや消費者金融にも手を出してしまい、借金が雪だるまに増えてしまって路頭に迷っている人は結構いるようです。

任意売却は、競売に掛けられる前に債権者や不動産を購入したい買い手と交渉し、市場価格に近い価格で家や不動産を売却してそのお金を債権者に支払う代わりに抵当権をはずしてもらうようにしてもらいます。
借金が住宅ローンだけならこれで借金問題は解決するのですが、住宅ローン以外にも借金がある場合は、任意売却で回収したお金を他の借金にも回します。もともと住宅ローンは長期返済で、支払いの始めは返済のほとんどが金利部分で占めています。金利を支払うために新たに高い金利の借金をしてしまうことは、絶対避けたいことです。

ならどうすればいいのか、となると、ここは専門の任意売却のコンサルタントに相談して、売却後の残債計画を建ててもらい、債権者と交渉の代行をお願いするとよいでしょう。
無理のない返済計画を立ててもらうことで債権者の理解を得ることができ、その後の生活に関しても融通がきくようになります。

一人で抱えずに、困ったら、数多くの事例を経験した任意売却コンサルタントに相談してください。
任意売却コンサルタントへの相談は無料ですから。

それが地獄の様な現状から抜け出す第一歩です。

でも、その地獄と思っているのは今だけであとで振り返って見ると、それも人生経験だったと思えますよ!

とにかく、早めの相談をしてください!

それが、最悪を回避する人生再建への道です。

タグ

2012年12月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

住宅金融の滞納手続き

旧・住宅金融公庫の住宅ローンで苦しむ人は増加傾向にあります。
特にバブル経済で地価が上昇したころに、収入の少ない世帯に対して初期の返済を低く設定し年齢と共に収入が上がるコトを前提にした、「ゆとりローン」で苦しんでいる人は多いです。この住宅ローンは終身雇用と年功序列賃金を想定したもので、現在の能力主義的な賃金形態には合わず、特に中高年の間で苦しんでいる人が多いそうです。

住宅金融公庫から変わった住宅金融支援機構では他の金融機関のように催促状や督促状などの滞納手続きをしません。
滞納6ヶ月の段階で始めて債権回収を大手の会社に委託し、法的手続きを早めにする傾向があります。そのため出来るだけ早く住宅ローンに関して相談や対策を打つ必要があります。
もし支払いが可能であるならば金融機関へ相談を、今後も滞納が続くようなら、その後の不動産やその他借金の整理をするために任意売却に関して強いコンサルタントに相談することをお勧めします。

将来的な収入予測と返済支出のバランスを考慮して、継続して返済が難しいようであれば、コンサルタントの方で今後のことを考えた返済計画をたててその後の生活が出来るように、債権を整理していきます。場合によっては民事再生や自己破産まで視野に入れて交渉していきます。

早め早めに対策をするためにも、困ったら任意売却の専門にお気軽に相談するといいでしょう。

タグ

2012年11月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

静岡 任売専門

静岡の地価事情は、東日本大震災の影響による定期低迷の影響を受けて下落傾向にあります。
利便性に優れた住環境が良好な地点では、需要が堅調で横ばいの地点が増加した一方、沿岸部及び高齢化や過疎化が進展している地域では下落率が拡大し、土地の選好性が強くなっています。
長い景気の低迷だけでなく、昔の経済状況を想定した現在の環境では返済不可能な住宅ローンの、予期せぬ退職金カットによる老後の生活スタイルの狂いなど、いまや住宅ローン返済問題は全国的にも深刻な問題になっています。

そして、任意売却を視野に考える人も増加傾向にあります。
任意売却は住宅ローンの滞納が長く続き、返済が難しくなって普通なら競売にかけらえるところを、委託された債権回収業者や家や不動産を購入したい買い手と交渉することで、市場価格に近い価格で売却する代わりに、債権の抵当権を取り下げて貰うことで、競売という事態を回避することができます。

しかし、この任意売却の交渉や手続きには幅広い知識が要求されるために、普通の不動産業者には難しいとされています。
そこでおすすめしたいのが全国対応の任売専門コンサルタントである、全国個人再生支援機構です。任意売却に関して幅広い知識と多くの実績を持つこの機構は、あなたにあった借金の返済計画やその後の生活資金の捻出のほか、必要ならば自己再生や民事再生などを受け持つ弁護士の紹介もしてくれます。
もし任意売却をしたいと思ったら、実績のある専門のコンサルタント「全国個人再生支援機構」を選ぶと良いでしょう。

タグ

2012年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

新潟 任意売却専門 不動産

新潟では上越新幹線の開通によって東京からのアクセスが浴なり、新潟市を中心に地価が上昇している傾向がありすが、新潟県全体としては1998年以降ずっと地価は下落傾向にあります。

商業地、準工業地及び市街化調整区域内宅地で下落幅が縮小しているものの、住宅地での地価は横ばいとまだまだ、景気の低迷は続いているといえるでしょう。

また景気の低迷だけでなく、昔の経済状況を想定した今では支払いが不可能な住宅ローンのスタイル、予期せぬ退職金カットによる老後ライフの狂いなど、いまやこの問題は全国的にも深刻な問題になっています。そして、競売にかかるくらいなら、任意売却を、と考えてる人は増加しています。

しかし、問題なのは「どこに頼んだら、より自分の条件にあった任意売却が出来るのか」。

実際のところ、任意売却というのは不動産の知識だけではなく、法律の知識、金融関連の知識、そして高い交渉力が要求されます。

不動産の売買だけでは済まされず、任意売却では金融機関や債務回収会社などの債権者との交渉が大きなウエイトを占めています。すなわち普通の不動産業者には手に負えないケースもあったりします。

任意売却の専門家なら豊富な実績からあなたにあった対策を一緒に考えます。何とかしたいと思ったら、任意売却に特化した専門のコンサルタントに相談するのが近道だといえるでしょう。

タグ

2012年11月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

住宅ローン滞納 任意売却業者 千葉

住宅ローンの滞納はいまや全国的な問題になっており、千葉でもその余波が来ています。特に市川市を中心にリーマンショックによるミニバブル崩壊の直撃を受け地価の下落が大幅に起きています。
また、長い間続く景気の低迷や、昔の経済状況に合わせた、今では支払いが不可能な住宅ローンのありかた、予期せぬ退職金カットによる老後ライフの狂いなど、いまやこの問題は全国的にも深刻な問題になっています。

もし住宅ローンが長い間払えない状態を放置すると、金融機関から債権の権限が保証会社へと移行し、委託された債権回収会社によって裁判所にあなたの不動産物件に対し競売の申し立てをされています。

もし競売にかかると、市場価格の70%~55%と安い価格で売りたたかれる上、競売に関する手数料をこちらで負担しなければならなくなり雪だるま式に借金が増え、強制退去によってほぼ無一文で家を追い出されるという悲劇を生み出します。

その前に債権者や不動産の買い主、ときには国や自治体と交渉して、できるだけ市場価格に近い金額で家や不動産を売却していこうというのが任意売却なのです。
任意売却に関することなら経験と知識が豊富な任意売却コンサルタントなら、家や不動産の売却だけでなく、その他の借金やその後の生活資金まで加味した交渉をしてくれるので、競売に怯えることなく借金を整理し新しい生活を迎えることが出来ます。基本的に任意売却ができるのは滞納3~6ヶ月経ってからですが、それ以前でも住宅ローンに関して相談が出来るので困ったと思ったら是非相談してみてください。

相談のおすすめの任意売却業者は右上の全国個人再生支援機構がその分野のエキスパートがそろっています。

タグ

2012年11月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

税金 滞納 差押え 任意売却

一般の債務は、裁判所で手続きをしない限り、勝手に所有財産を差し押さえることができません。
ところが、税金の納付先が国や自治会の場合、自由に差し押さえすることができます。つまり国や自治体に対し税金の滞納がある場合だと、知らない間に財産を差し押さえられることがありうるわけなのです。

税金を滞納しても、督促が厳しくないため、何の前触れも泣く、自宅に差し押さえが入るということも珍しくありません。
不動産を持っている人に対し国や自治体は簡単に差し押さえをすることができます。これは任意売却をする際に大きな障害となり得てしまいます。

しかし、差し押さえていても、任意売却ができないわけではありません。税金関連を管理している税務署とも交渉することが出来ます。管轄する自治体によって、対応は大きく変わってきますがエキスパートである専門コンサルなら、今までの実績のデータを元に、より債務者であるあなたに良い条件になるよう一緒に模索することが出来ます。

もうだめだ…と思う前に相談をしてみてはいかがでしょうか?

タグ

2012年11月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

競売物件 税金 滞納 交渉

住宅ローンの滞納が滞ると、固定資産税や地方税などの税金の滞納もずるずるとしてしまうことがあります。そうなると、国や自治体のほうから、ある日突然家やマンションを差し押さえれてしまうという自体が起きます。国や自治体に支払っている税金は、固定資産税のほか住民税、国民健康保険の保健料があります。特に住民税や国民健康保険料は失職した場合自力で支払う必要があり、また、税金は督促が厳しくないので知らない間に多額の金額を払うのを忘れて滞納してしまう、と言うケースも少なくありません。
任意売却では金融機関や債権回収会社だけでなく、自治体に対しても交渉することができます。滞納した国や自治体によって対応は大きく変わってきますが、概して一般の債務と違い厳しいのが実情なので、個人で交渉するのはかなり難しいといえます。専門の任意コンサルタントなら交渉の専門なので、自治体とも交渉することができます。物件が担保で融資を受けて担保が付いているため、住宅ローンのほうが税金よりも優遇されるルールにがあります。このルールを利用して国や自治体に対し税金を分納にしてもらうなどにして、任意売却に持って行くことが可能です。ただし、一般の債務と違い税金は「まけてもらう」ということがほとんどありません。できれば、税金は滞納しないにこしたことはないといえます。

タグ

2012年11月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

住宅ローン延滞 相談 岐阜

岐阜県の地価事情は2009年のリーマンショックの傷がまだ残っていて、いまだマイナス傾向が続いていますが、今年に入って回復に転じた感があります。
しかし、岐阜県の10年間の推移を見ると、上がり方も下がり方も角度がゆるやかです。このことから、景気変動の影響を受けにくく安定的に推移する傾向にあることがうかがええることができます。特に岐阜県でも岐阜市や大垣市、中津川市などの美農地方は流通、産業などで隣の愛知県と繋がりが深いことから、名古屋圏の経済の活性の影響を受け、地価は徐々に上がる傾向があります。

もし住宅ローンの返済がこの先厳しくなるようならば、滞納期間が長引かないうちに金融機関と交渉してローン返済の立て直しするか、長く続いていたり交渉が苦手な方ならば、無料相談の全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構などの専門機関に相談して、はやめに住宅ローンの滞納を解消する必要があります。

今なら岐阜県の地価の価格も比較的高いので、任意売却を行使することで一気に住宅ローン返済する可能性もあるのです。ローン滞納に悩む前にぜひ、専門である全国対応任意売却コンサルタント全国個人再生支援機構へ相談を。無料でローン返済の計画を提供することができます。

タグ

2012年9月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:住宅ローン滞納

このページの先頭へ