38

私の家は、昔からそれほどゆうふくではありませんでした。 父親が必至で働いてくれたお給料で、毎日のご飯が食べれる・・・