以前、何かで縁起の良いお札の番号というのを聞いた事があります。

お札には日本銀行の発行番号が右下に印字されていますよね。

なんでも番号の末尾に「9」が入っていると良いそうです。

「9」は「完全」の意味らしいです。

そのお札をお財布に入れておくとお金が貯まるとか。

そんな話が頭の隅っこにあったある日の事、私の実家からお祝いでお金を頂きました。

結構大きなお祝いだったので1万円札が何枚か入っていました。

何とそのうちの1枚が末尾「999」でした。

何という最強。

それ以来約5年、そのお札は私のお財布に守り神の様に鎮座しています。

不思議に、お金にいくら困ってもこのお金だけは出て行きません。

そして、不思議なのはその後もお祝い事で実家からお金を頂くと、「9」 の入ったお札がある事。

こうやって増えていき、今私のお財布には末尾「9」のお金が3枚あります。

最強なのは、実はうちの実家なのかもしれません。

関連記事:

  1. 買ってしまった新車
  2. 奨学金という名の借金
  3. 貯蓄性保険に加入しなかった後悔
  4. 子供の習い事のお金
  5. お金が減りやすいという自分の悩み