お金のことばかり考えているような日々に、チョッと疲れ気味な今日この頃です。妻のお金のやりくりの下手さ加減には、ホトホト参ります…。あればあるだけ使ってしまう、無くても使ってしまう。この「無くても使ってしまう」のが本当に曲者。

この「無くても使ってしまう」ことが出来るのが、便利な様で怖いクレジットカード。それもリボ払いでの利用です。リボ払いは、毎月の返済額を低額に抑えられるのがメリットですが、何でもかんでもリボ払いにしてしまうと、まさに「ドンドン積み上がる」のです。それはそうです、返済額はほぼ一定なのですから。

リボ払いって、使い始めは凄く便利に、更に楽に感じてしまうものです。まるで、打ち出の小槌の様に何でも手に入る、もしくは自分の財布の様な感覚に陥りやすもの。

気がつけば、利用残高は積もり積もって数十万円にもなってしまい、毎月の支払い額が家計を圧迫することになってしまうのです。クレジットカードの支払いの為に、カードローンでキャッシングして充てている始末です。

クレジット会社のHPやCMでは散々言っていますよね、「ご利用は計画的に」と。先々の収入で支払いが問題ないなら良いですが、「無くても使ってしまう」のは呉ぐれもご注意を。

関連記事:

  1. お金の管理ができない女
  2. お金に困ってます
  3. 歳をとって生活苦
  4. 奨学金の返済
  5. 節約のため全国紙の購読を止めました。