春の人事異動で大きな都市から少し小さな都市(新幹線は止まります)に勤務地が変わりました。

これまでは、大きな都市の方が店の数が多いためか、ワンコインでランチが食べられる店が多くありました。

しかし、新しい勤務地では店の数の絶対数が少なく競合店が少ないせいか、ワンコインランチの店をいまだ見つけることができません。

だったら、弁当持参とかコンビニのおにぎりで済ませるとか、500円未満ですませる手段はいくつか考えられるのですが、オフィス内で昼食を取れるような場所が無く外に出ていくしかありません。

近くのコンビニでおにぎりを買ったとしても、店の前あるいは歩きながら食べるという行為は、どうしてもできません。もしそんな姿を部下やお気に入りの女子社員に見られたらと思うと、絶対にできません。

そのため、オフィス周辺で一番安いと思われる店で一番リーズナブルな日替わりランチを食べることになるのですが、それでも780円を消費してしまいます。1月で20日間の出勤をすると、15,600円を持っていかれてしまうんです。小遣い30,000円の私にとっては、その使い道の半分以上がランチ代として消えるのです。

これではとても部下にランチをおごるどころか、仕事終わりに「一杯いくか」なんて誘いもできません。

カミさんに小遣いをあげてもらうのが一番の解決方法ですが、交渉の場を想像すると、話を切り出す勇気もありません。

本当は、仕事で成果を上げて給料を上げてもらえるように頑張るというのが、ポジティブで健康的な思いだと思います。

でもネガティブ思考の私は、早くワンコインランチのある街に異動させてもらえないか、そう祈り続ける毎日を過ごしています。

関連記事:

  1. お金の管理ができない女
  2. お金に困ってます
  3. 歳をとって生活苦
  4. 奨学金の返済
  5. 節約のため全国紙の購読を止めました。