我が家は完全に夫婦の財布は別です。お互いが同じ金額を一つの家庭の財布に入れてそこから生活費として使用しています。それ以外の収入は個人の貯蓄になっています。主人が月にどれ位貯めて、何にいくら使用しているのか私は知りません。勿論主人も私の貯金額を知りません。かなり割りきった関係を構築していますが、流石に無職になってもこの状態が続くと思いませんでした。

と言うのも、子どもを産んでから仕事の働き方を変えなくてはならなくなりました。主人は変わらず夜勤も入って家にはいません。ですので、私は日勤のみの仕事に切り替えました。当然ですが私の収入は減ります。しかし、生活費折半に関しては変わりなく継続されています。

更に驚かされたのは二人目を妊娠した時です。一人目の突発的な発熱などでかなり疲弊してしまったので、今回はゆっくり子育てをしようと私は仕事を辞める決断をしました。つまり無収入になったのです。それでも主人は私の生活費を一切出してくれません。出そうかとも提案してくれません。

私は自分の貯金を切り崩しながら生活費を出しています。私一人どんどん貧乏になっていきます。子どもが産まれてから私はメルカリでしか自分の服を買わなくなりました。もう5年は新品を購入していません。あんなに大好きだった洋服選びも全くしていません。路面店で正規の値段で服を購入する事はすっかりなくなりました。焼き立てパンもすっかり冷えて、売れ残りの半額のものしか購入できません。勢いで仕事を辞めた事を後悔しています。

関連記事:

  1. お金の管理ができない女
  2. 専業主婦も外で働くと意外に出費がかさみます
  3. 物価は上がるけど時給が…
  4. 103万以上だと また扶養から外れるので下手に働けない
  5. 社会人2年目の生活・貯金