お金を借り始めたのは、転職したのがきっかけでした。

美容業に転職し、給料が比較的に安かったのでなかなか毎月貯金をする事が難しく、生活もぎりぎりな毎日でした。

ある日お友達の結婚式があり、お給料日前だったので手持ちがなく、クレジットカードのキャッキング枠を利用して現金を下ろしました。

その時は手持ちがなくてもキャッシング枠があるとすごく助かるなと思いましたが、あまりに手軽なので、頻繁にキャッシング枠で生活費を埋める習慣がついてしまいました。

仕事柄、資格をとったり、常に綺麗を心がけていないといけないので自分にかけるお金も結構かかっていました。

それでも、給料が上がっているわけではないので、毎月返済する金額は払えるぎりぎりの金額。

それでも生活で大きな出費があるとまたキャッシングしてしまい、枠限度額もなくなってしまったころ

クレジットカードの更新の時に限度額があげられることにうれしくなり、またどんどん使い続けてしまいました。

そしてクレジットカードも使える限度額が少なくなってきたころ、海外旅行に行く事になり、

消費者金融系に借審査をしてみたところすぐに結果が出て30万借りれると結果がでました。

5万円分だけ借りよう、2万だけ借りようと毎月生活費の足しにしてしまい、どんどん借金がふくらみ

気がつけば借りる事に慣れてしまって、収入に見合わない生活を送ってしまっていたんだと思います。

お金を借りるのは今ではとても簡単で手軽な事です。

そして広告もテレビでも印象がよいイメージでどんどん宣伝もしています。

それほどに、世の中にお金を借りる需要がずっとあり続けているのかもしれないです。

私の場合、初めは少しのつもりでしたが、じょじょに借り入れが膨らみ、気がつけば100万以上借金してしまいました。

これではまずいとがんばって借りずに生活し返済を減らしていこうと思った矢先、

結婚していたので、子供が出来て働きに出れなくなり、その時は支払いに10万近くかかっていたのでこれでは相手に迷惑がかかると思い旦那にも相談して、任意整理を決断しました。

今では、カードとか作れませんが借りることへの依存から脱却するいいリハビリだと思っています。

今は借りることはとても手軽な事です。

もちろん車や家など大きな買い物をする時は大変助かりますが、生活費の穴埋め目的での借り入れは

本当に避けたほうがいいと思います。

関連記事:

  1. まじめに貯金しているのに
  2. 嫌なことだらけじゃ。
  3. 今月はピンチ!
  4. 労働時間の制限と、収入アップによる補助金のカットの追い打ち
  5. 若い頃の生活苦