お金。

そう。私の人生の中で最もお金があったのは大学時代でした。大学時代には授業後の自給800円、週3回、5時間の飲食店でのバイトで毎月64,000円。実家から通っており、使うものも特になかったのでうん十万のお金がありました。毎日のように外食をし、仲間とカラオケやボーリングに行ったり、一番「自由に」お金をつかえていた時代です。何の将来の不安もお金での不自由もなかった時代。悩みすらなかったかもしれません。一番華やいでいた。それが私の学生時代でした。そんな4年間をあっという間に通り過ぎもう8年今年で30台突入です。

え?今ですか?今は生きていくのでやっとです。貯金。何ですかそれは?

今の話をしますと昨年までは仕事も安定しており、車を買い替えたりケータイを買い替えたりとお金がありました。家族構成は妻が1人と子供が2人います。不自由はしてはいませんでした。しかし、この一年は悲惨でした。環境が変わったのは今年の4月。諸事情で仕事を辞めたのです。すると、保険の支払いや住民税の支払いで約10万以上毎月ひかれます。

引かれるたび、退きます。仕事を辞め実家に帰ったためすぐに仕事がない。にもかかわらず、収入がないにもかかわらず、毎月そんなに金額がひかれてしまう。0-10万=-10万です。毎月毎月-10万。その上月のほかの保険料などの支払い。毎月20万にも上りました。0-20万=-20万です。毎月毎月-20万。なんだ、これは?となったわけです。

市役所に聞くとどうやら去年ベースで税は徴収されるようです。無収入なのに、-20万。正直どうしていいかわかりませんでした。貯金や、退職金など引っ越しの費用とほんの数か月でもうギリギリになりました。こんなのでどうやって生きていくの?と本当に思いました。

致し方ない理由で就職ができない人もいるでしょう。致し方ない理由で退職をされた方もいるでしょう。それなのにこの税金というものはそんな職に就かない人は生活していくことができません。職に就かない人は生きることができません。と言っているかのように迫ってくるのです。

お金はないです。でもそれは現在の収入や、環境、状況をむしした税金によるところが多く、正直途方に暮れています。市役所に払えません。生活ができませんと言いに行った時も払ってください。しか言われず、状況を理解してはもらえませんでした。就職ができるようになったらすぐにでも就職をしたいです。

このままでは本当にたった1年で追い込まれてしまいます。生活もできません。家族もどうしていいかわかりません。来年になればまだ税金が下がるとは思いますがそれまでもつか・・・何とか状況を変え就職し、本当に「ふつう」の生活ができるように。それまでは耐えたいと思います。

関連記事:

  1. 良好な人間関係のままお金を返してもらえるか
  2. お金の管理ができない女
  3. お金に困ってます
  4. お金は大事!
  5. 歳をとって生活苦