借金と言えば聞こえが悪いから、自分は借金しているとはあまり言わないし、

キッと借金している自覚もないまま暮らしている人もいるのではないかと思います。

車のローン、家のローンは全て借金です。だけどこの手のローンを借金に数えていないのではと、

考えさせられることが時々あります。

借金あるの?ときくと、ありませんと応える人が居るのですが、

ローンは組んでいる?ときくと、洋服買った時にローンを組んで貰ったなどと言うわけです。

その程度に考えているので、お洋服代、靴代、ブランド物のバッグだの、借金感覚無しに、

次々と重ねてローンをしているのです。

団塊世代の人たちは、以外にしっかりと借金もローンも同じと思っていますが、

団塊の世代の子供たちは意外とにも、借金とローンは違うと思っているようです。

だから幾らローンの代金がかさんでも、どうせ銀行から自動的にお金が下りて、

支払われているだろうからとか、簡単に考えてしまっているようです。

キャッシング用のカードは非常に簡単につくれるし、ちょっとお買い物で現金が不足しても、

直ぐにカードでキャッシングも出来るのです。

一般的に、新築の家や中古の家の購入と言った時には、大抵の場合にはローンの支払いを選びます。

時代によって金利も違ったりするのは当然なのですが、キャッシュで家を購入できる人なんて、

日本だったらほんの一握りの人です。ですから、このような借金でもしも支払えなくなったとしても、

其れは本人の返済計画が甘かったからと言って、周囲から非難を浴びるっこともないし、まして家庭の崩壊なんてことにもならないはずです。このようなローンをする場合には、かならず審査が入って貸す側も金額が大きいのですから慎重になります。

しかし、全く個人的に洋服だの靴だと言ったものをバンバンと買った末に、借金だけが残ってしまったとなってしまうと、我慢が足りないと言った非難の声が聞こえてくるのです。

ですから、程よくローンを利用していけば、一生とお金に困らず暮らしていけるのに、、。

借金生活は、借金地獄とは違います。

関連記事:

  1. ローンの道は長い
  2. 夫婦でのお金管理の考え方の相違に関する悩み
  3. お金の管理ができない女
  4. お金に困ってます
  5. お金は大事!