会社員を辞めて以降、国民年金が払えずに困っています。

現在私は薬品工場のパートタイマーで年収が140万円程度、

毎月本当にギリギリで国民年金に1万6000円以上払うなんてとても出来ない状態です。

免除の申請を出しましたが、却下されてしまいました。

それならもうどうしようもないと未納のままほったらかしにしていたのですが、

先日いつもの未納通知葉書とは違う赤い封筒が届きました。

「特別催督状」というもので、2年間で13ヶ月以上の未納者に宛てたもので、

これ以上未納が続くと財産を差し押さえると強い調子で書いてありました。

私はパニックになりネットで催督状のことを調べまくりました。

「そのままにしておくと差し押さえが来る」「放っておいても大丈夫」などの様々な書き込みが溢れ、

見れば見るほど混乱して不安に陥るだけでした。

私は意を決して年金事務所へ出かけました。

どうせ差し押さえるような大した財産なんてないし、もう煮るなり焼くなり好きにしろという半ば捨て鉢の気分でした。

しかしその日は土曜日、年金事務所は休みで、催督状にも相談受付は平日の9時~16時と書いてありました。

働いている人はそんな時間に相談に行けないと思うのですが、私は月曜日パートの時間を削って相談に行くことにしました。

とにかく不安を晴らしたかったのですが、土曜、日曜は暗い気持ちを引きずって本当に辛かったです。

月曜日、再び意を決して年金事務所を訪れました。厳しいことを言われるんだろうな…と覚悟していましたが、

意外にも対応してくれた方は大変温厚な感じで話してくれて、いきなり差し押さえるような乱暴なことはしないと説明してくれました。

もう一度事情を説明して免除申請を出してみたら、とアドバイスしてくれました。

問題は解決していないのですが、話すことで今まで抱えていた暗い気持ち、ストレスが一気に落ちて脱力してしまいました。

今は再提出した免除申請が通ることを願うばかりです。

関連記事:

  1. たくさんあるとあちこち、電話がかかるし…