お金とは、本当に人の心までも変えてしまう。と実感した最近の出来事です。

特に、禁欲の無かった私がある日、その考えを一新しました。

寝る間を惜しんで稼ぐ生活を始めました。

稼ぎ出した当初は、志も高く、目標に向かってまっすぐに稼ぎ、1秒でも早く目標にを達成したいと、意気込んでいました。

そして、本職の間に始めた数々の仕事。

早朝から深夜まで空き時間の全てを仕事に費やす日々が始まりました。

友達との約束も全て断り、寝るまもなく働き詰めた日々。

そんな、私の働く姿を見た友達は、心なしか心配してくれているようでした。

しかし、私はそんな心配は過剰な心配だと信じ働いていました。

数ヶ月後、心はお金に囚われ、友達と会うことは出費になっても収入にはならない。買い物は人生のムダと稼ぐ事が全てになってしまい、人間的にも余裕を無くしてしまいました。

お金が無くて困っている人も世の中にはいるでしょう。

私は、収入には困ってないが、お金を稼ぎたい一心で余裕を失い、お金しか見えなくなり、お金との付き合い方に困った。

関連記事:

  1. 心配性な性格が止まらない日々の金銭管理
  2. 良好な人間関係のままお金を返してもらえるか
  3. どういった時にお金の悩みを感じるか
  4. お金のことで「うまく行かなくなるのではない」というトラウマがある
  5. ギャンブル依存症