お金を貸してくれるのは、金融機関だけではないことをご存知ですか。

実は役所でも、お金を貸してくれるのです。

無論この場合には、条件があります。

たとえば低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯がこれに該当します。

また融資にもいくつかの種類があります。

大きく分けて4つの種類があり、それぞれ総合支援基金、福祉資金、教育支援資金、

そして不動産担保型生活資金があります。

そのためどのような目的でお金が必要か、それをはっきりさせて申し込むことになります。

また行けばそのまま貸してくれるわけではありません。

必ず申し込み書類が必要になります。

まずは、社会福祉協議会や民生委員に相談するしてみましょう。

ちなみに失業給付や生活保護を受けていても、これらのお金と併用することができます。”

関連記事:

  1. お金を家のどこに置いておくか
  2. 我慢をする節約よりも、投資になるお買い物をしよう
  3. お金が欲しい。もう節約生活は嫌!
  4. お金を貸した相手に返してとなかなか言えず
  5. お金が欲しいというのは