無職の人は、カードローンを申し込むのは無理でしょうか。

必ずしもそうではありません。

なぜかといえば、無職であっても不動産経営などをしていて、

収入が入ってくることがあるからです。

お金を借りるということは、返済が可能なだけの収入があるということなので、

このような場合は申し込みができます。

しかし無職で収入もない場合は、当然ですがお金を借りることはできません。

アルバイトでもいいので、まず収入を得るようにしましょう。

アルバイトの場合は、銀行よりは審査の緩い消費者金融の方がお勧めです。

ただし消費者金融は総量規制があって、上限額を超えた借り入れはできません。

上限額は年収の3分の1が目安になっています。

また消費者金融の場合は、金利が20パーセントなので銀行よりも高くなります。

しかし最近では、17パーセントから18パーセントの金利の消費者金融も多くなっています。

関連記事:

  1. 仕事を辞めたら支払いが増える
  2. 安心する貯金額は?
  3. 専業主婦の秘密の貯金
  4. 我慢をする節約よりも、投資になるお買い物をしよう
  5. お金が欲しい。もう節約生活は嫌!