息子が高校入学と時期を同じくして離婚。母子家庭となりました。離婚が理由で息子に教育を受けさせられないことがないよう、ある程度は貯蓄をしていました。息子は無事に公立高校に入ったので、お金はかからないかな…と思っていたのですが、その高校が「スーパーサイエンスハイスクール指定校」のため、研修旅行などが非常に多かったです。

高校3年間で、結局修学旅行を含めて3回海外へ行き、東京方面には4回、九州地方にも1回行きました。多少の補助は出るのですが、全部で60~70万くらいかかりました。子供が小さい頃は離婚に向けての貯蓄のためろくに旅行など連れて行ってやらなかったので、これは意地でも行かせてやりたいと思いました。

また、大学も日本あちこちの大学に興味を持っていたので、オープンキャンパスに参加する旅行も行かせました。貯金を取り崩して…となると大学進学の際に困るかと思い、40代にして初めて水商売のアルバイトを始めました。

昼間は普通に仕事をしているので、週1~2回くらいのバイトでした。自分に向いている世界ではないのですが、目的があればこそ頑張ることができ、2年間で100万くらいは稼ぐことができ、そのお金で息子に研修旅行などを参加させることができました。”

関連記事:

  1. 大学院生の経済事情
  2. 相手に負担
  3. そろそろ本とか売ってお金に換えるかなぁ
  4. 転職をしたため住宅ローンの支払いが辛い
  5. お金をリスペクトする